中小企業共同グループ等の紹介

チームつかもと(特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構)

所在地
大阪市中央区船越町2-4-6(船越センタービル3階)
TEL
(078)-803-6090 (神戸大学塚本研究室 )
URL
http://www.teamtsukamoto.sakura.ne.jp/
理事長
塚本 昌彦(神戸大学工学部教授)
事務局長
福井 隆夫
お問い合わせ
info@teamtsukamoto.sakura.ne.jp

グループの紹介

チームつかもと(特定非営利活動法人 ウェラブルコンピュータ研究開発機構)とは

神戸大学工学部電気電子工学科 塚本昌彦教授を中心とした、ウェアラブル・ユビキタス・HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に関する産官学連携の研究開発チームです。2004年2月よりNPO法人となりました。

コンピュータをいつでもどこでも使うユビキタスコンピューティング時代の主役は、コンピュータを身につけるウェアラブルコンピューティングです。さまざまな要因でウェアラブルコンピューティングの普及は業界関係者の予想から遅れていますが、ケータイ、デジカメ、ノートパソコンなどモバイルマルチメディア通信技術を利用する機器が十分に浸透した今、

  1. これらを生活や現場作業の中で常時利用でき、
  2. ハンズフリーで別の作業などが行えるというウェアラブルコンピューティングのメリットが強く必要とされるようになっています。
  3. さらに、人々がウェアラブルコンピュータを装着して利用する姿は、時代を象徴するものとして非常に目立つという意味で、イベントやメディア報道において効果的に利用できるということも言えます。

会長 塚本 昌彦 神戸大学工学部教授

「チームつかもと」では、このような観点に基づき、短期間のうちにウェアラブルコンピューティングを普及させ、大きな市場を立ち上げることを目標として、イベントやエンターテインメントを中心とした幅広い活動を行っていきます。


チームつかもとの活動

この数年、ウェアラブル、HMD、ユビキタス、などと言ったキーワードで、大学、企業、各研究機関等から数多くのビジョンが提案されてきております。しかしながら、実際に一般ユーザーが使いやすい、広く実用的な製品はまだまだ生まれておらず、実際のアプリケーション開発、提案も十分なものとは言えない状況が続いております。

そこで、ウェアラブル、HMD、ユビキタスをキーにした「チームつかもと」を立ち上げ、最先端の技術開発、アプリケーション開発を行い、世の中への普及、啓蒙活動、および産業化までを行って行きたいと考えております。特にエンターテイメント分野を重点的にターゲットとして、ビジネス展開までを目的とした活動を実施していきます。

各プロジェクトや最新の活動状況など、詳しくは、チームつかもとの公式HP
http://www.teamtsukamoto.sakura.ne.jp
をご覧ください。