その他新着情報 /

【2018/07/18】
生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画の国からの同意及び先端設備等導入計画の認定申請の受付開始

 神戸市では、生産性向上特別措置法に基づき、中小企業者の先端設備等の導入促進、労働生産性の向上等を目的とした「導入促進基本計画」について、国の同意を得ました。
 このことに伴い、神戸市内の事業所等に新たに設備投資を行う中小企業者の「先端設備等導入計画」の認定申請の受付を開始いたします。
 認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づく事業に関しては、国や神戸市の支援措置を受けることができます。

1.導入促進基本計画の概要
(1)計画期間:3年間
(2)目標:ア.計画期間中の先端設備等導入計画400件の認定
      イ.認定した事業者の労働生産性年平均3%以上の向上
(3)対象地域:市内全域
(4)対象設備:生産性向上特別措置法施行規則第1条第1項に定める先端設備等全て
        機械及び装置、 器具及び備品、測定工具及び検査工具 、
        建物付属設備 、ソフトウェア

2.先端設備等導入計画の認定申請の受付
 平成30年6月27日(水曜)より受付を開始します。
 申請に必要な様式や手続き等、詳細は関連リンクをご確認ください。

3.先端設備等導入計画の認定により受けられる主な支援措置
(1)取得した設備投資に対する固定資産税の課税標準を3年間ゼロに軽減
(2)ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(国補助金)の優先採択及び
   補助率アップ(上限1/2→2/3) 等
公開日:2018.7.18 / 更新日:2018.7.18 / 文責:神戸リエゾン・ネットワーク事務局
関連ファイル
中小企業のみなさまへ