神戸リエゾン・ラボ(産学官民連携工房)

中小企業が集積する神戸市ものづくり工場内に、大学等のサテライト研究室や中小企業共同研究室、NIROものづくり試作開発支援センター等からなる産学官民連携研究工房「神戸リエゾン・ラボ」を設置し、地元中小企業のものづくり技術の高度化や、企業間ネットワークによる共同開発を支援するため、市内の大学、支援機関等が連携・協力して、技術・経営相談や3次元CAD・CAM・CAEシステム等の最新デジタル機器の提供、各種セミナーなどを行っています。



各施設案内

神戸リエゾン・ラボ セミナー室D棟5階会議室

神戸リエゾン・ネットワークの支援機関が協力して、図面の見方、工業デザイン等中小企業向けの各種セミナーを開催します。


大学サテライト研究室D202・D203・D204・D214・D215・D511・D512

地域の大学や高専等の研究者向けに実験・研究用の貸しスペースを提供します。

お問い合わせ
神戸市経済観光局経済部工業課
TEL.078-322-5335

現在の利用状況

号室 利用者 研究開発の概要
D202 近畿大学理工学部機械工学科
大坪 義一 准教授
顎関節治療ロボットの量産化等開発
D204 神戸芸術工科大学大学院プロダクトインテリアデザイン学科
大田 尚作 教授
中小企業の製品開発におけるデザイン支援
D214 大阪大学大学院工学研究科
塚原 保徳 准教授
マイクロ波による化学反応を活用した製造技術の開発
D215 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科
齋藤 潔 教授
省エネルギー空調システムの開発
D511 神戸大学大学院工学研究科
竹林 英樹 准教授
潜熱蓄熱材を利用した太陽熱暖房システムの開発
D512 神戸市立工業高等専門学校機械工学科
三宅 修吾 准教授
熱物性機器の基本開発

NIROものづくり試作開発支援センターD207・D208

中小企業のものづくりを支援するため、CAD・CAM等の設備の一般開放やセミナー・研修と技術相談等を受け付ける他、交流・共同開発の場を提供しています。

「ものづくり一貫支援システム」(3次元計測装置や3次元CAD・CAE・CAM・3Dプリンタ等)により、試作開発の相談から計測、設計・解析、試作・造形といった流れで支援をしています。これらの機器を一般開放し、インストラクターも配置しております(事前にセンターへお電話ください。なお、機器、ソフトウェアの中には、利用許諾が教育・研修目的に限定されているものもあります)。
技能・技術アドバイザーを活用した機器操作などの技能支援や設計・開発の技術相談、デザイン相談、開発補助金の申請や特許・契約等の支援など、幅広い分野で支援します。

センター利用時間
09:00〜12:00、13:00〜17:30
(土日祝日及び年末年始を除く)
TEL.078-686-0650(FAX兼用)





お問い合わせ・交通アクセス

所在地
〒652-0884
神戸市兵庫区和田山通1丁目2-25
神戸市ものづくり工場D棟1.2.5階
交通機関
JR「兵庫」駅より徒歩約15分
地下鉄海岸線「御崎公園」駅より徒歩約8分
お問い合せ先
神戸市経済観光局経済部工業課
〒650-8570
神戸市中央区加納町6-5-1
TEL 078-322-5335  FAX 078-322-6074
アクセスマップ